読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過去を振り返るということ

過去を振り返るということはとても大切だと思っています

 

ですが、過去の中にマイナスの感情が入っていて、それを思い出すことによって増幅する、またはその感情を表層に出てくるというのはあると思います。

 

私の前の嫌な記憶があるので吐き出しておこう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろが気になりすぎて、私はずっと後ろが気になっていたの。なんでだろと言われても何も言えない。

まだここに書く勇気がないのかもしれない。

 

 

とりあえず今日はここまで。

 

 

それで

過去からの増幅と引っ張り出すということに関して自分でも自覚していない範囲で

自分自身に影響を与えていると思っていて、

そこらへんが私は大変気になっています。

 

 

 

今日の剣道

 

 

わたし剣道というものをやっておりまして

 

はじめてスポーツっていうものを継続的に続けてて、

なんだか自分の変化とかってすごく面白いなぁと思うし、

なんだかんだ剣道のことは嫌いだけど好き。好きだけど嫌い。みたいな感じで、結局は

スポーツってすごいな。って行き着くから

ちょこちょこ剣道(スポーツ)についても

書いてこうかなーっと

思っております

 

 

数ヶ月間テストがあって、剣道やってなくて、

久しぶりに剣道やってから

4回目くらい。

 

1回目は全く出来なくて、そもそもどうやって振るんだっけという感じ

2回目はちょっと覚えてるけど、まだぜんぜん余裕なさすぎて、ぶれぶれ

3回目はまだ思い出しきれてないし、体ついてかないけど、意識することとどうすれば良いかの輪郭が見えて来た

4回目はあああんなに剣道嫌いだった数日前(1回目の時)の自分がうそのようだなぁ。そうそうこの感覚。やっぱり剣道の動き好きだなぁ。まだ基本的なとこも気になるところあるけど、体がきびきび動くようになった。

↑今ここ

 

 

心の動きが面白い🤣

 

 

でもこの後落ちていく(なぜか私はそうなる)のがちょっとこわい。出来なくなっちゃうんじゃないかってちょっとびくびくしてる笑笑

 

必ずしもそうじゃないし、動きのきびきび感とかタイミングからの勢いがまだまだ

 

こんなになったのに後輩より上手くならなきゃとかも思っちゃうし。

 

 

むむむずかしいですなー(結局わたしはいつもここで終わる)

 

 

そんな感じですなー

 

 

 

知るということ

 

一つ前の記事に続き。。

今度は自分について。自慢できるような中高ではないので。とてもコンプレックスになってます正直

 

 

私は中高の時『知る』ということをとても恐れていました。

それは一冊の本の影響です。他にも色々あるけど。

「考えない練習 小池龍之介

考えない、むしろ、受け取った情報を受け取ったままの状態に受け入れることによって、イライラとかから逃れるっていう本です。かなりざっくりです。好きなところもあるんだけどねこの考え方。

例えば、嫌な言葉を言われた時に、その言葉を音波として耳に当たっただけと思うことによって、ダメージを少なくして、自分自身に悪い影響が起こらないようにするやり方です。

これに固執してて、新たな知識を受け入れることによって、自分自身のチカラで物事を見れなくなるのが怖くて、勉強したくなかったし、頭に知識を残したくなかった。

今でも少しこの影響は残ってて、中高にもっと色々貪欲になればよかったと思ってる。

今からでも遅くないよ、って言われる(誰も言ってない)と思う(自分で思うだけ)

んだけど

後悔はなくならなくてすごく悔やんでる。

 

 

闇雲に悩んだりしてるのはこの時にしっかり知識と経験積まなかったからかな。とか。

その時はちゃんと自分で選んで勉強しないように知識入れないようにしてたんだけどね。歪んでたな。色々。

 

 

ふーーーーーー

 

中高の勉強

 

いらないと思う知識をたくさん持っているということは

生きる上でとても大切だと思うのです。

 

高校の数学は生きる上で必要ないじゃないか?っていう人もいると思います。

だけど一個の問題にこだわらず、教科の勉強ができる、解き方がわかる、ということは

頭の賢さにつながると思います。

一つの物事を多角的に見る視点だったり

じっくり方法を組み立てることだったり

できるまで繰り返すことだったり

処理スピードの速さだったり。

 

学校で教えられる知識を覚えるということは生きる上で必要じゃないんじゃないか?という人もいると思います。

だけど、絶対に生きやすくなると個人的には思います。

必要もないと思っていた知識がある時になって、必要なものとなって浮かび上がってきたり、

一つの物事についての情報が増えるから多角的視点につながる(例えば、目の前にあるグラスだって、知識があるから、形、素材、性質を認識できる)

頭の回転の速さだったり、

そもそもの覚えたり思い出したりのスピードが上がったり、

何かを選ぶときの参考資料、判断基準になったり、(これ生きやすさにつながるんじゃないかな?)

といいことばかりだと今思います。

 

 

それに、成績による比較として

有名大学と呼ばれるところに行った人と、

あまり偏差値のたかくない大学に行った人を比べると、

努力できるかできないかに差が出ると思います。(もちろん個人差はあります)一概には判断できませんが。

 

 

ま、そんなことを思いました。就活を考える知り合いとかね、自分とかを見てね。自慢できるようなものじゃありませんが。

 

 

客観的にやりたいことと、実際にやるということ

 

最近よくミニマリストという言葉をちらほら見かけます

結構前からあった言葉なのかもしれないけど。

ミニマリストって、かっこいいな♡って思います。

でも実際に自分がミニマリストになりたいか、なるか、どうかはとっても別。。

 

自分が物が少ない最低限の暮らしなんてできるはずない。できるかもしれないけど、

やろうと思わない。んーちょっとは取り入れようかな?

揺らぎまくりの私ですが。

 

 

客観的に

いいなあって思うことと

主観的に(実際に)

やること、さらに続けるということ

は異なっていると思うのです。

 

 

夢についても

例えば

サッカー選手ってかっこいいけど

そのために必要な努力を続けるかどうかは別。それにその努力自体を楽しめるようじゃなきゃダメだなって思うんですよ

 

凝った料理を作って綺麗なお皿とランチョンマットを用意して並べることには憧れがあるけど

実際に自分で作るのは面倒だしなんでもいっかな。(もっと健康的なのにしたいけどね)とかね。それ自体料理を作ること自体を楽しめないなとかね。

 

側から見ることと

実際にやること、続けることは

違うという話です。

 

 

 

理想の自分とは程遠い自分だし

それを続けることってすごく難しいことだな。と思う。

でも結局は続ける、工夫することによって上手くなるのかな、とか思う今日この頃。

 

 

キラキラ女子

 

結婚式で思ったのですが

 わたしの従姉妹ってもう全ての人に好かれるような、

性格も良くて

顔可愛くて

気遣いできて

誰とでも仲良くできて

だけど寝坊ぐせがあってそこも可愛くって

頼りがいあって

しっかりしてて

誰にでも好かれてて

キラキラしてました。

 

正直いいなあって思っちゃった

わたしは本当に、、こういう風な感じになるのやめようと思うんだけど、憧れに近づこうと頑張るんだけど、うまく行く方向が違うっていうか、やっぱり人間きらいだし

人と話すの苦手だし上手く人と仲良くなれないし、友達作りとかよくわかんないし(やばい)誰と仲良くなればいいのかとかよくわかんないし。

 

 

従姉妹みたいな人もいるんだなあって思って、そういう人間になりたかったなあって思って。

わたしいっつもいろんな人のこといいなあっておもちゃって

そういう風になってみようと思うんだけど、それっていつも薄っぺらいっていうか、

きっとそうなんだろうな

 

 

はー

なんでこんな不器用なんだろ

人のことバカにして

自分のこと調子乗って

上手く保てなくて

崩れたくなっちゃって

 

 

キラキラ女子になりたいわけじゃないんだけど

キラキラ女子っていいなって思う。

インスタグラムとかに自分の可愛い写真ばっかあげる人。心の中でバカにしながら羨ましいなって思っちゃう。

 

 

近頃はインスタグラムに写真を上げるためだけに、

旅行したり

それに映る人を雇うアルバイトがあるらしいですね。

ぜひやりたい。嘘

 

 

顔かわいい人に生まれたら人生楽だったのかな笑

 

意味わからない。

 

 

結婚制度について

この前わたしの

従姉妹が結婚しまして、結婚式というものに初めて行ってきました。

 

結婚制度について書きたいと思います。

 

結婚するということは契約するということです

離婚することはできるけど、それはすぐにやめた!と言って、なかったことにできるものではないと思います。

 

なぜ結婚にこだわるのかは

変わらない繋がりを作りたいからです

(と個人的には思っています)

 

この人に何を言ってもちぎれない繋がり(配慮は必要)

受け入れて受け入れられる繋がり

裏切らないという安心

一緒に暮らすただ一人の人という動かない幸せ

 

だけど人は変わって行くし、そのお互いの進度は常に同じではなく

ずれたり

また出会ったり

 

色々ありますけどね。

 

 

 

自分の意見から。自分の立場から。

わたしは将来結婚したいです。

それは

子供好きで欲しいから

老後寂しいから

家に人がいるっていうことが幸せなことだと思うから

家にいる人(結婚する人)が好きな人であればそれだけで心が満たされると思うから

個人的には家事も厭わない男の人がいい笑わたしの友達は結構こういう人多いです理系だから?これは我慢する笑

 

 

人の結婚観って聞くの結構面白いかも

まだそんな年齢じゃないけど

 

タラレバ娘みたいな感じになっちゃった。